MENU

米国不法移民の子供たちは、人身売買、小児性愛犯罪、性奴隷、児童労働虐待、そして、さらに恐ろしい犯罪(例:生贄、虐殺、臓器摘出、etc?)に利用されているのです。トランプ大統領はそんな子供達を助けていた。

米国不法移民の子供たちは、人身売買、小児性愛犯罪、性奴隷、児童労働虐待、そして、さらに恐ろしい犯罪(例:生贄、虐殺、臓器摘出、etc?)に利用されているのです。トランプ大統領はそんな子供達を助けていたのです。

 

pw2_logo.gif
Home » 時事ブログ » 6月21日の記事 » 違法移民大量受け入れの背後には、密入国斡旋ビジネスに絡む巨大利権(人身売買、小児性愛犯罪、性奴隷、悪…

画像の出典: Author:ShealahCraighead [Public Domain] & Author:Tomascastelazo [CC BY-SA]
違法移民大量受け入れの背後には、密入国斡旋ビジネスに絡む巨大利権(人身売買、小児性愛犯罪、性奴隷、悪魔崇拝の儀式の生贄として虐殺に利用)が存在する …トランプ大統領はこうした巨悪と戦っており、実際に多くの子供たちが救出されている
2018/06/21 10:20 PM米国大量移民流入問題 / *政治経済, アメリカ, 政治経済, 竹下氏からの情報

FacebookGoogle+ printer-x16.png印刷
竹下雅敏氏からの情報です。
今日のYutikaさんが取り上げた記事で、トランプ大統領の国境政策に触れ、“違法移民の全員が本物の親なのだろーか”との、鋭い指摘がありました。
トランプ大統領は、不法入国した親子を引き離して収容したということで、世論調査でも、アメリカ人の3分の2がこの政策に反対しているということです。
ツイートの動画では、この事件を報じる女性アナウンサーがわざとらしく、“声を詰まらせカメラの前で泣く”状況のようで、素直な人に、トランプ大統領の極悪非道ぶりが印象づけられる演出をしているようです。
ところが、Yutikaさんの指摘は正解だったようで、米国土安全保障省は、“メキシコとの国境にたどり着いた301名の子供が、同伴された大人とは無関係”だと発表。この問題の本質は、“続きはこちらから”の記事にある通りです。
違法移民大量受け入れの背後には、密入国斡旋ビジネスに絡む巨大利権が存在するわけです。記事によると、“不法移民の子供一人につき56000ドルの補助金が政府から提供”されているとのことで、その補助金の約65%は、政治家を含む関係者が食い散らすようです。
特に、子供たちの密入国は大きな利益になるようで、人身売買、小児性愛犯罪、性奴隷、そして悪魔崇拝の儀式で、生贄として虐殺されることに利用されているようです。
今日は夏至なので、世界中で多くの子供たちが必要です。こういう時は子供たちが高値で売れるわけで、その汚いお金を、カトリック関係などの慈善団体が、マネーロンダリングしているということです。
トランプ大統領はこうした巨悪と戦っており、実際に多くの子供たちがトランプ政権になって救出されています。ところが、悪の片棒を担いでいるメディアは、トランプ大統領を叩きます。その様子を見て、多くの日本人は、“米国のメディアはさすがだ。大統領に対してもきちんと抗議の意思を示す”と称賛するのです。
こういう状況を見ていると、人々はいつになったら真相を理解するのだろうと思ってしまいます。彼らは真相を伝えるサイトを陰謀論と決めつけて、事実関係を調べようとしません。
支配層が小児性愛犯罪と悪魔崇拝の実態を暴かれることをどれほど恐れているかを調べれば、単なる陰謀論なのか事実なのかがわかるはずなのです。
(竹下雅敏)
注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
jiji_1m.png
アメリカ国民が、移民の子供に対するトランプ大統領の排斥的な政策に反対
転載元) Pars Today 18/6/20
最新の世論調査の結果、アメリカ人全体の3分の2が、国境で移民の子を家族から引き離すトランプ大統領の政策に反対しています。

アメリカの新聞ワシントンポストのインターネットサイトによりますと、アメリカのキニピアック大学による最新の世論調査の結果、トランプ大統領によるこの政策はアメリカ人にとっても奇異な行動と見られていることがわかっています。

この世論調査ではまた、アメリカ人の66%がトランプ大統領のこの政策に反対しています。ユニセフも、アメリカの国境で親から引き離された子供のその後の運命に懸念を示しています。

最近1ヶ月間で、アメリカとメキシコの国境では、2300人近い子供たちが親から引き離されました。
————————————————————————
配信元) Twitter
レイチェル・マドウが、テキサスで親から引き離された子供たちのうち、小学生にもなっていない幼児ばかりを収容する「Tender Age Shelters」の話を伝えている番組中、声を詰まらせカメラの前で泣く。「あの」タフで気丈なレイチェルが。 https://t.co/r0gcJWaNH0

— TrinityNYC (@TrinityNYC) June 20, 2018
————————————————————————
7カ月内に国境に着いた301名の子供はニセ親同伴:米国土安全保障省
引用元) ドナルド・トランプNEWS 18/6/20
<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.6.19>

米国土安全保障省は19日、2017年10月から2018年4月までに、成人に伴われてメキシコとの国境にたどり着いた301名の子供が、同伴された大人とは無関係であり、その大人が親や保護者のふりをしていたと発表した。

税関・国境警備局の主任フィールド・コーディネーター、ブライアン・ヘイスティングス氏は、19日の電話会議の中で記者に次のように説明した。「これらの事案の90件はリオグランデ・バレー・・・区域からのもので、その特定の区域から180名の外国人が来ていましたが特に詐欺の影響を受けている場所でした」
(中略)
「詐欺というのは一般的に、家族ではないのにそう見せかけている人たちです。他の状況もあるでしょうが、ほとんどの場合詐欺です」

(続きはこちらから)

————————————————————————
米 不法移民大量受け入れの背後に大きな利権!
引用元) 日本や世界や宇宙の動向 18/6/21
(前略)
Illegal Immigration and Lax Border Controls are The Epicenter of The UniParty….
(概要)
6月20日付け
(中略)
ワシントンDC及びメディアの活動家らは不法移民受け入れの支持者らと連携して動いています。(中略)… この問題は政界にカオスを生じさせる有益な手段なのです。
(中略)
密入国あっせんは大きな利益を生むビジネスです。(中略)… これらの資金は、米カトリック司教協議会、カトリック・チャリティーズUSA、Southwest Key Program、BCFS-EMD(バプティスト教会のNPO)などを含む多くの(偽)慈善団体によってマネーロンダリングされています。
(中略)
不法移民の子供一人につき56000ドルの補助金が政府から提供されています。(中略)… 不法移民サービスのために政府が提供している補助金の約65%が、密入国あっせんに関与している組織や団体の関係者の給与や福祉手当、ワシントンDCの政治家らへのキックバック、大量の不法移民をアメリカに連れてきている南米のあっせん業者への支払いなどに使われています。実際に子供たちに使われている金額はそのうちの35%以下です。
(中略)
トランプ大統領は国境の監視を強化し、巨額の利益を得ているワシントンDCを拠点とした不法移民あっせんビジネスを脅かしています。

このようなビジネスの背後で、不法移民の子供たちは、人身売買、小児性愛犯罪、性奴隷、児童労働虐待、そして、さらに恐ろしい犯罪(例:生贄、虐殺、臓器摘出、etc?)に利用されているのです。

Scroll Up